未分類」カテゴリーアーカイブ

甲府市中心街のWi-Fiパケットセンシングによる調査の報告会開催

3月8日の夕方、市役所の市民コミュニティホールで報告会を開催しました。

関係者の周辺にしか声をかけなかったのですが、市役所の方々など30名ほどが集まってくださいました。

成果の一部は、http://8tops.yamanashi.ac.jp/kofu/で公開しています。

今後、近隣地域でこのような手法での調査を継続する予定です。分析方法についても磨きをかけて行きたいと思います。

Wi-Fiパケットセンサーによる甲府市街地歩行者流動調査について

山梨大学の交通・観光流動研究チームでは甲府商工会議所と協力し、市街地活性化施策への基礎データ収集を目的として、Wi-Fiパケットセンサーを市街地20余カ所に設置して利用者の流動調査を実施します。

1.調査方法
スマートフォンや携帯ゲーム機等が発信するWi-Fiアクセスポイント探索電波を受信し、機器固有のMACアドレスを収集します。アドレスを元の情報が類推不可能な文字列へ変換し、得られたデータは統計処理し分析します。

2.プライバシーポリシー
取得する情報には氏名やメールアドレスなどの個人情報は含まれません。MACアドレスは機器に付された番号であり直接には個人を類推することはできませんが、安全のため類推不可能な文字に変換して利用します。
※詳細については、下記「Wi-Fiパケットセンサー計測におけるプライバシー処理をご参照ください。

3.調査期間
平成30年9月より31年2月28日まで実施し、その後の継続調査については別途お知らせします。

Wi-Fi パケットセンシングに関するプライバシーポリシー

山梨大学・交通・観光流動研究チーム(以下、研究チーム)が実施する、Wi-Fi パケットセンサーに関する調査では、収集した情報の処理と取扱いに関して、以下に記載する内容のプライバシーポリシーを定めて運用します。

1.MACアドレスの収集の目的と取扱い
研究チームはWi-Fi パケットセンサーによる施設及び周辺の訪問者流動調査を行います。

この計測において取得される被調査者の保有する Wi-Fi 機能を有する機器の MACアドレスには、個人名やメールアドレス等といった個人を特定する情報や個人間の通信内容は含まれません。

また、研究チームではMACアドレスについてプライバシーに配慮した取り扱いを実施することとし、本プライバシー ポリシーにおいてその処理と取扱いを定めることとします。MACアドレスの収集にあたっては、収集するセンサー機器を配置するバスに、計測を行っていることの告知を掲示します。またウェブサイトやその他の広報手段を用いて、計測の実施に関する告知を行います。

2.MACアドレスの利用

MACアドレスの利用は、来訪者の流動解析を目的として実施するものであり、得られたデータは研究チーム以外では利用しません。

統計処理したデータは学会等での研究発表に利用するとともに甲府市地域の観光関係者に提供いたします。

3.MAC アドレスの管理と保管

MACアドレスについては、MACアドレス取得後、元の情報が類推不可能な 無意味な文字列への変換[乱数によるハッシュ化]を行い、元の情報については速やかに消去を行う )を実施し、保護に努めます。さらに、記録ファイルは研究チームメンバー以外が閲覧することがないようパスワード付きの圧縮ファイルにして格納します。

4.取扱いの改善・改良

MACアドレスの取り扱いについては、適宜その改善に努めてまいります。

M1の並木君と山崎君が第13回JCOMMでポスター発表

7月27-28日に豊田市で開かれた第13回日本モビリティ・マネジメント会議にて並木君が「WiFiパケットデータを用いたバス乗客の動態把握」と題して、山崎君が「長期時系列データを用いたバス到着予測手法の開発とサービス方法の提案」と題してポスター発表しました。

dav

dav

burst

dav

「白州・尾白の森名水公園べるが」周辺での訪問者流動調査について

山梨大学の交通・観光流動研究チームでは「べるが」を運営している(株)アルプス社と協力し、交通渋滞の緩和や観光サービスの向上を目的として、Wi-Fiパケットセンサーを施設の数箇所に設置して利用者の流動調査を実施します。

この調査は、

1.調査方法
スマートフォンや携帯ゲーム機等が発信するWi-Fiアクセスポイント探索電波を受信し、機器固有のMACアドレスを収集します。アドレスを元の情報が類推不可能な文字列へ変換し、得られたデータは統計処理し分析します。

2.プライバシーポリシー
取得する情報には氏名やメールアドレスなどの個人情報は含まれません。MACアドレスは機器に付された番号であり直接には個人を類推することはできませんが、安全のため類推不可能な文字に変換して利用します。
※詳細については、下記「Wi-Fiパケットセンサー計測におけるプライバシー処理をご参照ください。

3.調査期間
平成30年7月より31年3月31日まで実施し、その後の継続調査については別途お知らせします。

Wi-Fi パケットセンシングに関するプライバシーポリシー

山梨大学・交通・観光流動研究チーム(以下、研究チーム)が実施する、Wi-Fi パケットセンサーに関する調査では、収集した情報の処理と取扱いに関して、以下に記載する内容のプライバシーポリシーを定めて運用します。

1.MACアドレスの収集の目的と取扱い
研究チームはWi-Fi パケットセンサーによる施設及び周辺の訪問者流動調査を行います。

この計測において取得される被調査者の保有する Wi-Fi 機能を有する機器の MACアドレスには、個人名やメールアドレス等といった個人を特定する情報や個人間の通信内容は含まれません。

また、研究チームではMACアドレスについてプライバシーに配慮した取り扱いを実施することとし、本プライバシー ポリシーにおいてその処理と取扱いを定めることとします。MACアドレスの収集にあたっては、収集するセンサー機器を配置するバスに、計測を行っていることの告知を掲示します。またウェブサイトやその他の広報手段を用いて、計測の実施に関する告知を行います。

2.MACアドレスの利用

MACアドレスの利用は、来訪者の流動解析を目的として実施するものであり、得られたデータは研究チーム以外では利用しません。

統計処理したデータは学会等での研究発表に利用するとともに北杜市地域の観光関係者に提供いたします。

3.MAC アドレスの管理と保管

MACアドレスについては、MACアドレス取得後、元の情報が類推不可能な 無意味な文字列への変換[乱数によるハッシュ化]を行い、元の情報については速やかに消去を行う )を実施し、保護に努めます。さらに、記録ファイルは研究チームメンバー以外が閲覧することがないようパスワード付きの圧縮ファイルにして格納します。

4.取扱いの改善・改良

MACアドレスの取り扱いについては、適宜その改善に努めてまいります。

甲州市バスにおけるWi-Fiパケットセンサーを用いた流動調査について

(このページを含め、調査は準備中です。)

調査について

山梨大学の交通・観光流動研究チームでは甲州市及びバス運行事業者と協力して、観光客や地域住民のバス利用利便性向上を目的として、Wi-Fiパケットセンサーをバスに設置して利用者の流動調査を実施します。

この調査は、バス利用者の乗降停留所の日時、天候等による変化を調査するとともに、市民バスの現在位置(バスロケ)サービスの試行を行うものです。

1.調査方法
スマートフォンや携帯ゲーム機等が発信するWi-Fiアクセスポイント探索電波を受信し、機器固有のMACアドレスを収集します。アドレスを元の情報が類推不可能な文字列へ変換し、得られたデータは統計処理し分析します。

2.プライバシーポリシー
取得する情報には氏名やメールアドレスなどの個人情報は含まれません。MACアドレスは機器に付された番号であり直接には個人を類推することはできませんが、安全のため類推不可能な文字に変換して利用します。
※詳細については、下記「Wi-Fiパケットセンサー計測におけるプライバシー処理をご参照ください。

3.調査期間
平成30年6月(現在準備中)より31年3月31日まで実施し、その後の継続調査については別途お知らせします。

Wi-Fi パケットセンシングに関するプライバシーポリシー

山梨大学・交通・観光流動研究チーム(以下、研究チーム)が実施する、Wi-Fi パケットセンサーに関する調査では、収集した情報の処理と取扱いに関して、以下に記載する内容のプライバシーポリシーを定めて運用します。

1.MACアドレスの収集の目的と取扱い
研究チームはWi-Fi パケットセンサーによるバス利用者の乗降調査を行います。

この計測において取得される被調査者の保有する Wi-Fi 機能を有する機器の MACアドレスには、個人名やメールアドレス等といった個人を特定する情報や個人間の通信内容は含まれません。

また、研究チームではMACアドレスについてプライバシーに配慮した取り扱いを実施することとし、本プライバシー ポリシーにおいてその処理と取扱いを定めることとします。MACアドレスの収集にあたっては、収集するセンサー機器を配置するバスに、計測を行っていることの告知を掲示します。またウェブサイトやその他の広報手段を用いて、計測の実施に関する告知を行います。

2.MACアドレスの利用

MACアドレスの利用は、バス利用者の流動解析を目的として実施するものであり、得られたデータは研究チーム以外では利用しません。

統計処理した成果は学会発表等に利用するほか、バス利便性向上に役立つと判断されれば、甲州市、バス事業者に提供します。

3.MAC アドレスの管理と保管

MACアドレスについては、MACアドレス取得後、元の情報が類推不可能な 無意味な文字列への変換[乱数によるハッシュ化]を行い、元の情報については速やかに消去を行う )を実施し、保護に努めます。さらに、記録ファイルは研究チームメンバー以外が閲覧することがないようパスワード付きの圧縮ファイルにして格納します。

4.取扱いの改善・改良

MACアドレスの取り扱いについては、適宜その改善に努めてまいります。

バスへの掲示

調査中のバスには以下のお知らせを掲示しています。(開始は6月上旬を予定しています。)

 

バスコンシェルジュ掲載の山梨交通バス情報が「YaHoo!路線」等へ反映

2017年2月より「やまなしバスコンシェルジュ」で掲載されている路線バス情報をGTFS形式で公開しています。その変換ソフトウェアは本研究室で作成しました。「コンシェルジュ」データ編集ソフトにも本研究室で開発したものが利用されています。

公開したデータは、関係者のご努力により、GTFS形式のデータはYaHoo!の「路線」サービスに反映されています。(7月から)

また、http://tracker.geops.de/?z=15&s=1&x=15425495.8705&y=4254811.8703&l=transport にも掲載されています。

共通形式にした有難みが実感できます。

暑熱順化

今夏の長期予報では、4年連続の暑い夏になるとのことです。(あたるかどうか?)

それに対処するために、暑さに体を慣らしておこう(=暑さに対処できる体をつくっておこう)という記事が日経オンラインに載っていました。
暑熱順化だそうです。震災の影響で一昨年の夏はずいぶん省エネに心がけましたが、昨年は、ちょっと緩みました。体を慣らせば、そんなに苦労しなくても省エネはできます。
学生の皆さん、「暑熱順化」ですぞ。